歯の表側にブラケットとワイヤーを装着して矯正治療を行う方法です。矯正装置の中では最も長い歴史を持ち治療技術が完成されているため、治療期間が早く済み治療結果も非常に安定しています。歯周病になっている場合、歯が欠損している場合など複雑な治療にも対応ができるため難易度が高い治療にはワイヤー矯正が一番適していると言えます。また、最近ではホワイトワイヤーや透明のブラケットなど審美性の高いタイプも数多く揃っているため目立たず治療が受けられるようになりました。世界的にも最も多く製作されている矯正装置であり、治療費用が最も安価になることが多いです。口内炎、歯磨きなどのデメリットはありますが、大抵1週間ほどで慣れてしまいます。見えることを除けば最もオススメな治療器具だと言えます。

当院で推奨している主な装置名

クリアブラケット、セラミックブラケット、デーモンブラケット、クリッピー、ホワイトコーティングワイヤー、ロジウムコーティングワイヤー、改良型超弾性Ti-Niワイヤー

メリット・デメリット

【メリット】

  • 治療期間が短い
  • 治療費用が安い
  • 治療結果が安定して高い
  • 難易度の高い治療も対応可能

【デメリット】

  • 装置が見えてしまう
  • 金属アレルギー症状が出る可能性あり
  • 歯磨きがしづらい
  • ほっぺたが傷つくことがある(口内炎)

ワイヤー矯正に向いている人

  • 早く治療を終わりたい人(結婚式、成人式など期限がある)
  • 高い治療結果を求める人
  • 顎関節症、歯周病、虫歯など歯並び以外の問題もお持ちの人
  • ある程度はワイヤーの見た目も許容できる人
  • 出来るだけ安価に治療を受けたい人

オススメする矯正装置の種類

ワイヤー矯正、裏側矯正(ハーフリンガル矯正)、マウスピース矯正の3つの矯正装置をご紹介します。