ワイヤー矯正とは、ブラケットとワイヤーを装着して行うタイプの矯正治療です。ポイントは、以下の2点になります。

  1. 100年以上の歴史があり、治療技術が仕上がっている
  2. 高難易度の治療にも対応できる(歯周病や欠損歯にも適応)

詳しいメリット・デメリットなどは、以下をご覧ください。

〈メリット・デメリット〉

メリット
  • 他の装置より治療期間が短い
  • 他の装置より治療費用が安い
  • 複雑な治療にも対応できる
  • 歴史があり、安定した治療結果を出せる
デメリット
  • 治療中は見た目が気になる
  • 装置があって歯磨きがしにくい
  • 装置があたって、口内炎ができることがある
  • 金属アレルギーの症状が出ることがある

ただし、上記のデメリットは、以下の4つの方法を実践すれば問題を軽減できる可能性が高いです。

  1. 目立ちにくい装置を選ぶ(透明のブラケットやホワイトワイヤー)
  2. 矯正中はプロのクリーニングを受けてお口の環境を整える
  3. 矯正用のワックスで口の粘膜と装置が直接接触するのを防ぐ
  4. 純チタン製のブラケットやワイヤーを使用する

ワイヤー矯正と一口に言っても、様々な装置の種類やサポート方法があります。

歴史もあり治療結果が安定している有効な矯正装置ですので、デメリットだけを見るのではなくメリットもよく知った上で、治療の選択肢に入れていただければ幸いです。

〈ワイヤー矯正がオススメな方〉

  • 治療を早く終えたい方(結婚式や成人式などのイベント前に)
  • 精度の高い治療を希望する方
  • 歯並び以外に、顎関節症・歯周病・虫歯などの問題を抱えている方
  • 矯正治療をできるだけ安く受けたい方

〈当院推奨の装置名〉

当院では主に、以下の装置をご用意しております。詳しい違いについては、ご来院いただいた際に担当ドクターから直接ご説明いたします。

  • クリアブラケット
  • セラミックブラケット
  • デーモンブラケット
  • クリッピー
  • ホワイトコーティングワイヤー
  • ロジウムコーティングワイヤー
  • 改良型超弾性Ti-Niワイヤー

オススメする矯正装置の種類

ワイヤー矯正、裏側矯正(ハーフリンガル矯正)、マウスピース矯正の3つの矯正装置をご紹介します。