矯正治療を検討していても、下記のような症状をお持ちの場合、矯正治療の前に一般歯科治療を受ける必要があります。


治療していない虫歯、歯周病がある

過去に治療した歯が古くなってきている。
悪くなってきている

歯が抜けたまま放置している

しかし矯正歯科医院と一般歯科医院を別々に通院するとなると、通院が面倒なだけではなく、治療結果に問題が出る場合が少なくありません。例えば以下のような状況が考えられます。

例①  虫歯が数本ある

そもそも歯並びが悪いと歯磨きがしにくいため虫歯になっていることは珍しくありません。
通常の矯正治療の場合には、すべての虫歯治療を一般歯科で終えてから矯正治療を開始します。しかし、デコボコした部分の虫歯治療はむつかしいことが多く、余計な部分まで削ってしまうこともあります。梅田オランジェ歯科・矯正歯科では矯正治療と同時進行で虫歯治療を進めることができます。同時進行であれば、歯ならびを動かしながら虫歯治療を行うことができるため、歯を削る量が少なく済ませることができて健康的です。虫歯治療中は矯正器具を外す必要がありますが、同日に両方予約しておけば、虫歯治療してすぐに矯正器具を付け直すことができますので矯正治療期間が長くなることもありません。また虫歯が多い場合には矯正治療開始が遅くなってしまうことがありますが、梅田オランジェ歯科・矯正歯科では同時進行でスタートすることができるため、矯正治療をすぐに始めることができます。

例②  昔治療したかぶせものの歯がある

かぶせ物をしている歯を矯正治療するのは問題が多くあります。そもそもかぶせ物は矯正装置が接着しづらいため、矯正治療期間中に外れてしまうことが多いです。外れるたびに矯正治療が中断してしまうので治療期間が長引いてしまいます。また、かぶせ物治療をしたときはデコボコの歯並びであったため、歯医者さんはデコボコの歯並びにあわせたかぶせ物をつくります。矯正治療で歯並びが良くなると当然 新しい歯並びには古いかぶせ物はあっていないため咬み合わせを良くすることができません。ですので、梅田オランジェ歯科・矯正歯科ではまず古いかぶせ物を外して、仮歯にした状態で矯正治療を行います。仮歯にすることで矯正装置が壊れることはなくなります。矯正治療終了後、新しい歯並びに合わせたかぶせ物をつくってあげることで見た目も咬み合わせもベストな状態にすることができます。また、通常かぶせ物と矯正治療費用は別々にかかってきますが、梅田オランジェ歯科・矯正歯科の場合、すべての歯科治療費をセットにした費用見積もりをすることができますので金額が明瞭で安心です。

例③  歯ぐきが腫れている、歯周病になっている

矯正治療は歯ぐきの中で歯を動かしていく治療ですので、歯ぐきの状態が悪い、歯周病になっていると非常に問題になります。矯正治療後に歯ぐきが減ってしまう。せっかく矯正治療しても後戻りしてしまう。矯正治療後に歯周病が悪化して歯が抜けてしまう。などのトラブルになってしまう可能性があります。梅田オランジェ歯科・矯正歯科では日本歯周病学会専門医、認定衛生士が在籍しているため、歯周病をケアしながら矯正治療を受けることができます。また矯正治療と歯周病治療両方に精通しているため、歯科衛生士は矯正装置が付いた時の歯磨き指導もしっかりと行いますので安心です。

例④  外科処置を伴う矯正治療

成人の矯正治療の場合、外科処置を伴う必要があることが多いです。例えば矯正治療のための小臼歯抜歯や親知らずの抜歯。矯正用アンカースクリューの埋入(インプラント矯正)。
矯正装置で歯ぐきが傷ついたり炎症を起こした場合には粘膜の処置が必要な場合もあります。梅田オランジェ歯科・矯正歯科では日本口腔外科学会専門医が在籍しているため、安心の外科処置をうけることができます。外科リスクがある場合、外科処置するかどうかの判断が難しいときもあります。このような場合には、口腔外科医と矯正歯科医が立ち会って患者様と3人で直接相談して決めることができるため安心して治療を受けることができます。

以上のように、虫歯や歯周病などの症状をお持ちの場合でも梅田オランジェ歯科・矯正歯科では安心して矯正治療を受けていただくことが可能です。一人のドクターが全ての治療を担当するのではなく、矯正治療、虫歯治療、歯周病治療、インプラント、口腔外科などそれぞれの専門ドクターが担当することで高い専門性の治療を総合的に行うことができます。虫歯、歯周病などをお持ちでお悩みの方はお気軽にご相談ください。