時々患者様からこんな質問をされることがあります。誤解されることも多いのですが、ワイヤー矯正なら歯を抜く、マウスピース矯正なら歯を抜かないということはありません。

患者様の治療方針を決定するときドクターは2つ検討することがあります。1つ目は、どのような歯並びになれば患者様にとって審美的にも健康的にも一番良い状態だろうか、と検討します。検討した結果、最終的な治療のゴール地点が決まれば、ゴールに向かうために歯を抜く必要があるかどうか決まってくるのです。この時、ワイヤー矯正とマウスピース矯正で歯を抜くかどうかは変わりません。

2つ目は矯正器具の選択です。治療ゴールに到達するためにはどの種類の矯正器具が選択できるかを検討します。例えば歯の移動量が大きい場合にはマウスピース矯正では対応できないことがあるためワイヤー矯正か裏側矯正しか選べないということになります。もちろん3種類とも選択できる場合もあります。

もし、ワイヤー矯正なら抜歯、マウスピース矯正なら非抜歯という診断をされたのであれば、それはマウスピース矯正なら非抜歯で治療ができる、という意味ではなく目標の治療ゴールに到達するにはマウスピース矯正ではうまくいかない場合があるため、ゴール設定を変更して非抜歯で治療することになった。という意味になります。

非抜歯で矯正治療することは決して悪いことではありません。大切な歯を残すために治療ゴールの変更が必要な場合もあります。しかし、注意してほしいことは非抜歯だからマウスピース矯正を選ぶというのではなく、その治療ゴール設定が患者様本人の納得できるものであるか、という点をよく担当医と相談してから矯正器具を選んでいただくことをオススメします。