従来の治療方法とはどのように違いますか?

歯が1本もない場合、今までは入れ歯をするしかありませんでした。通常入れ歯は、装着すると不快感があるだけではなく、とてもズレやすいですし、味覚も損なってしまいます。

そのような場合には、インプラントを数本埋め込み、入れ歯を固定させる事によって安定性も得られますし、味覚もかなり回復します。

また、歯が複数本欠損してしまったにもかかわらず、支台となる歯が両側に揃っていない場合には、今までは部分入れ歯をするしかありませんでした。部分入れ歯の場合、クラスプという針金で固定させるのですが、固定させる歯が弱りやすくなる事と外れやすいという事が問題になってきました。

そのような場合には、インプラントを2本埋め込み、それを支台としてブリッジを装着することにより安定性も増しますし、お手入れも楽になります。歯が1本欠損してしまって、支台となる歯が両側に揃っている場合、今まではブリッジをするのが普通でした。しかし、ブリッジの場合、両隣の健康な歯を削ることになりますし、抜けてしまった部分の骨が痩せて来ることによる両隣の歯への悪影響も避けることはできませんでした。そのような場合には、インプラントを1本埋め込み、そこにクラウンを被せることにより、両隣の健康な歯を削る必要はありませんし、骨が痩せて来ることもほとんどありませんので、両隣の健康な歯に対する悪影響を抑えることが出来ます。“失われた1本の歯根の代用品”としてインプラントを1本だけ使って失った歯の部分を修復する方法は、最も洗練された治療方法であり、審美的にも満足のいく結果が得られます。1本のインプラントによって、あたかも自分の天然歯のように自然に感じられ、顎骨の“萎縮”の心配もなく、本来の骨を維持できます。

このようにインプラントは従来の治療方法よりも、機能的であり、患者さまの口腔内全体の健康のためでもある画期的な治療方法なのです。

関連記事

  1. 金属アレルギーを持っている人に、インプラントは不可能でしょう…

  2. インプラントはどのくらいもちますか?

  3. 最近よく聞くインプラント治療って、どのような治療方法ですか?…

  4. インプラントの手術は痛いですか?腫れますか?

  5. インプラント治療に年齢制限はありますか?

  6. 治療期間はどのくらいかかるのですか?