金属の詰め物がアレルギーの原因になると聞いたのですが、本当ですか?

金属アレルギーといえば、指輪やイヤリングなどでかゆみや湿疹を引き起こす症状が思い起こされますが、最近、皮膚や粘膜の病気の原因として、歯科治療で使用される金属に対するアレルギーが注目されています。直接金属のあたる部分がかぶれるのはもちろんのこと、手足や全身にまで影響が及ぶ事があるのです。現在、金属アレルギー反応のない方でも、金属の入れ歯や、詰め物などの治療物など、アレルギーの原因となる可能性のある金属が、口の中に存在する以上、アレルギーになってしまうおそれがあります。つまり、お口の中に金属が存在し続ける以上、金属アレルギーになってしまう危険性があるということです。当院では、金属アレルギーの原因になる心配のない素材を用いた治療を行っておりますので、オールセラミック等の金属を全く用いない治療方法をお勧めいたします。

関連記事

  1. セラミックは変色しませんか?

  2. ホワイトニングで期待通りの効果が得られなかった場合は?

  3. オフィスホワイトニングとホームホワイトニングはどう違うのです…

  4. 差し歯も虫歯になりますか?

  5. 奥歯もセラミックで白くできますか?

  6. 詰め物や白い色のかぶせも白くなりますか?